フォームを改善してゴール向上! EFOツール「EasyEntry」|株式会社HARMONY

EFOとは OEMをご検討の方へ お申し込みはこちら ログイン

使い方は簡単!

EFOツール「EasyEntry」の良さは、あっけないぐらいの設定の簡単さ。設定画面には見慣れない言葉も出てくるかもしれませんが、添えられたHint!やマニュアルによって、初めての人でもすぐに設定を完了できます。

EasyEntryの「7つの簡単!」とは?

計測したいフォームのページを指定するだけ

フォームを設定

計測するフォームのページに名前をつけましょう。「資料請求」「第1事業部お問い合わせ」など、分かりやすく。あとは、そのページのアドレス(URL)をブラウザのアドレス欄からコピーして入れるだけです。

指定したページのフォームを自動取り込み

EasyEntryは指定されたページを見に行き、そのフォームの内容を取り込みます。最初に「name」というテキスト入力欄がある、といった情報が出てきますからそれを確認するだけです。全ページに入っているサイト内検索のフォームなどが含まれていたら、「これは計測しない」とツールに教えてあげてください。

ゴールもあわせて簡単設定

ゴールに到達した人が増えることがEFOの目的。ゴールとなる「送信完了画面」や途中の「確認画面」のアドレスをブラウザからコピーして、ゴールを設定しましょう。もちろん、エラー画面も設定して、そこでの離脱がないかチェックします。

項目に日本語で名前をつけられるので分かりやすい

項目に日本語で名前をつけられる

EasyEntryが取り込んだ時点では「name」という項目がある、といった状態。日本語で「氏名」といった項目名を入力しましょう。これがレポートなどでも使われますから、誰にでも分かりやすい結果表示が実現できます。

チェック1つで入力位置にカーソルを動かす

最初の項目が「name」なら、そこに「カーソルを移動する」をチェックしましょう。それだけで、フォーム画面が表示されたときに自動的にカーソルが氏名の入力欄にセットされ、キーボードをたたくだけでいきなり入力できるようになります。これだけで入力率が向上しますからぜひお試しください。

FTP情報があればさらに簡単!

カーソル位置の変更や、各画面への計測タグの貼り付けなどは、手動でも行えますが、FTP情報を入力しておけば、EasyEntryが直接サイトに変更したファイルを届けることもできます。EasyEntryが変更するのはページの機能や見栄えに影響しない舞台裏だけ。楽に更新作業を完了することができます。

誰もが分かるPDFレポートをボタン1つで作成できる

レポートは一覧から選んでクリックするだけでブラウザで見ることができます。一覧につけられた「PDFレポートを作成」というボタンをクリックすれば、プレゼンやメール送信に適したPDF形式で保存することができ、非常に楽に社内共有することができます。

レポートを見てみましょう

サービス内容を確認する

EasyEntryにお申し込みになると、5つのツールがすべて使えます。それが「HARMONY TOOLS」高機能なのに最低1,000円から!
サイト改善 チェックアップオン ヒートマップ ツインヒート サイト構成表作成ツール Site Map On LPO ゴールクリエイター フォーム最適化 イージーエントリー 広告効果レポート アドバンテージ
ウェブマスターのPDCAサイクルを支援します。
TOP OF PAGE